オーバーホール

カスタムしたロレックスのオーバーホール

お客さまと話をしていてときどき聞くのが
「以前、カスタムしたロレックスがすぐに壊れて、イヤな思いをした」
という話です。

たとえば、こんな感じです。

客:「あのときはヒドかった。買って2週間でロレックスが
動かなくなったんですよ!
ロレックスって、そんなカンタンに壊れますか!?」

店:「いえいえ、まさか。それにしても、ずいぶん不便な思いを
されたことでしょう。販売者さんには連絡されましたか?」

客:「しましたよ!でも『すり替え防止の観点から、返品不可』
といって、まったく取り合ってくれませんでした…」

店:「えー!?それでどうされたんですか?」

客:「仕方がないから、『インテリアとして飾る』という
後輩にあげたよ…」

店:「えー!そうですか…」

たいへん、もったいないお話です。

ロレックスのムーブメントはとっても頑丈で、
車で言うと、『ボルボ』や『ベンツ』といった感じです。

「ボルボが電柱にぶつかると、電柱の方が折れる」

と言われたりしますが、ロレックスのムーブメントも同様
鬼のように頑丈なため、『世界一の実用時計』という
二つ名で呼ばれたりするのです。

たとえば、ロレックスが動かなくなる理由でよくあるのが、
『ゼンマイ切れ』です。

なぜゼンマイ切れが起きるのかと言いますと、実は、
ロレックスの歯車があまりにも頑丈すぎて、壊れず、
先にゼンマイの寿命が来て、音をあげてしまうからです。

だから少し手を加えてやるだけで、10年単位で動き続けます。

しかし、こういったことを聞いても、にわかに信じられないと思います。

販売ページでロクな説明もされずに、『返品不可』を盾に
壊れた時計だけ押し付けられて、大切な現金を持ち逃げされたら、
誰だって冷静ではいられないからです。

これはあなたにはどうすることもできないことです。
すべては『保身に走る販売者のせい』なのです。

当店は、壊れた時計を修理することができます。
時計を売る前に、専門のリペアショップと契約を交わし、
修理できる体制を整えてあるからです。

最初は、当店で買っていただいたお客様へのアフターサービスとして
修理を行ってきましたが、他店でご購入されたロレックスでも、
修理やオーバーホールを受けたいと思います。

時計を愛する気持ちに、当店も他店もないからです。

「正直なところ、お宅も儲けたいからするんでしょ?」

はい。もちろん、代金には当店の仲介手数料も含まれてます。
しかしお金をいただいてる立場で恐縮ですが、正直言うと
あまり儲けにならないのです。

ではなぜ受けるのかといいますと、「リペアショップのため」です。
リペアショップは、『高級時計専門』です。
生々しい話ですが、一級の時計技師に支払う月々の給料も
それなりに高額です。

そしてリペアショップがつぶれると、当店の販売品質が
著しく低下します。
なので、「少しでもオーダーをリペアショップに回してあげる」
と願うのが、当店の本当のねらいです。

「本当はリベートを受け取ってるんじゃないの?」

いいえ、リベートは一切受け取ってません。
(パブでお酒をおごっていただくことはあります)

 

当店で修理・オーバーホールするメリット

・カスタム状態のまま、修理・オーバーホールができます。

・リペアショップは、某有名ブランド時計の機械式時計の
 修理を一括で受けていたり、トゥールビヨンやリピーターの
 修理実績もあるような技術力です。安心して大切な時計を任せられます。

・技術力が高いので、余計なコストもかかりにくいです。
 他の時計店では、パーツ交換するところを調律で直せたりするからです。

・新旧ロレックスの純正パーツを大量にストックしてます。
 他の時計店で、「パーツがないのでムリ」と言われても、
 あきらめないでご相談ください。

・オーバーホール後、6か月の動作保証をします。
(その間、何かあっても何度でも無料でメンテナンスいたします)

 

当店で修理・オーバーホールするデメリット

・修理には、4~5週間かかります。
 実際の修理は2週間ほどですが、外国なので、通関等で
 時間かかったりするのと、いくつかの時計が集まってから
 当店からリペアショップに発送するためです。

・できるだけ調律で済ませるようにしますが、
 交換しないと動作に影響がある場合はパーツ交換します。
 そのときは別途パーツ代が有料でかかります。
(平均1~2万円程度。不動で3万程度。それ以上はまれ)

・偽物(スーパーコピー)は、修理できません。
 万が一当店のチェックをすり抜けても、税関で没収されます。
 当店は関税定率法第5条第1項に基づいて通関申告しますので、
 100%税関係員のチェックが入ります。

 

修理・オーバーホールの流れ

1.申込書のpdfを印刷して記入してください。

 修理・オーバーホール申込書兼同意書.pdf

 記入例

※「プリンターがないので印刷できない」というときは、
当方から申込書をFAXで送りますので、お問い合わせメールで
FAX番号を教えてください。

※「FAXもないよ」という場合は、着払いの郵便(201円)で
申込書を送りますので、お問い合わせメールで住所を教えてください。

 

2.修理したい時計を下記まで発送ください(送料はお客さまご負担です)

〒633-0091
奈良県桜井市桜井145-9
タカナリ商会 米田(050-5276-7203)

※品名は、『時計(リチウムイオンバッテリー無)』
配達時間は、『午前中』をお願いいたします。

3.当店からお預かりのご連絡をいたします。

4.修理が完了しましたら、入金金額をお伝えいたします。

5.ご入金ください(銀行振込、代引き)

6.入金確認後、すみやかに時計を発送いたします。

 

修理・オーバーホール金額

3万円(税抜き)

※ロレックス・デイトジャストの金額です。

※修理すれば、必ずオーバーホールも行います。

※パーツ代が別にかかる場合があります。

※ケースやラグなどの外装部分はピカピカになる程度の
簡単な研磨を行います。
バンドは汚れが気になりやすいパーツですので分解清掃も行います。
(分解→研磨→ベンジン清掃→超音波洗浄→乾燥→組み上げ)

傷ひとつない研磨(日本ロレックスさまと同じレベル)を求める場合は、
15000円+税です。「新品仕上げ希望」と要望欄にお書きください。

※ベルトの延びを元に戻すのは、4万円+税です。
超絶技巧のベルト職人が手間と時間をかけて、ベルトのコンディションを
追い込んでいきます。ご希望の場合は「ベルトの延び修理」と
要望欄にお書きください(常時待たされるので、納期はお約束できません)

※送料は1000円です。

※国内・国際発送時の30万円までの損害補償(往復)は
当方で負担しますが、それ以上の補償を求める場合は、
ご要望欄に「時計金額分の損害補償希望」お書きください。
(1万円増やすごとに100円かかります)。

ベゼル交換など、同時にパーツ交換をご依頼いただきますと、
外装メンテナンス工賃5000円(税別)を無料にいたします。

 

よくある質問

・精度はよくなりますか

はい、よくなります。

たとえば1980年代以降のデイトジャストなら『日差プラス10秒以内』、
1960年代なら『日差プラス30秒以内』を目標に追い込みます。
プラスに調整するのは、人は心理的なバイアスにより、
「進み」より「遅れ」のほうが気になるためです。

・本当にオーバーホールしてるんですか。

はい、してます。

具体的には、いったん時計をバラバラに分解して、
業務用の洗浄マシーンにかけ、古い油や汚れを落とします。
さらに手作業で洗浄と注油をしながら
故障のある個所の修理もしつつ、組み上げなおします。

組みあがったら、ファイナルテスターで
動作の確認を行います。
問題がなければ当店に輸送され、さらに当店でも
動作チェックを行います。

万が一、輸送の衝撃などで問題が見つかったら、
再度やりなおしてもらってます。

このように、お客様には二重のチェックをパスした品質で
時計をお届けします。ご安心ください。

・レディースでも修理できますか。

はい、できます。
リペアショップの職人集団には、ロレックスの
レディース部門で仕事してた方がいるので大丈夫です。
彼は若くて寡黙ですが、腕は確かです。

・デイトジャスト以外でも修理・オーバーホールしてもらえますか。

デイトナ、エクスプローラ、GMT、サブマリーナ、
デイデイトなど、たいていいけます。
たとえばデイトナですと、5万(税別)で承ります。

その他の金額は、リペアショップに確認しますので
個別にお問い合わせください。

オメガやIWCなどの機械式、カルティエなどのクォーツ
大昔のアンティークもできます。ケースの磨きをかけたり、
切れたブレスを元通りにしたり、文字盤を修復したりもできます。
個別でお問い合わせフォームか電話からご連絡ください。

・どうして海外なのですか。

時計職人の腕の問題です。

当店も何度か国内で修理をお願いしたことがあるのですが、
「古いモデルのためパーツがないのでできません」とか、
「カスタムしてあるのでできません」とか、
とにかくできない理由ばっかりで、受け付けてくれません。

当店契約のリペアショップは、カスタムしてても
喜んで受け付けてくれますし、「パーツ交換が必要」と
断られた個体も、調律だけで直してくれたりします。

その背景には、高級時計を自分好みにカスタムして使う文化が
当たり前のものとして受け入れられていることや、
全世界からオーダーを受けているので、修理の経験値が
国内とは比べ物にならないほど蓄積されているためだと感じます。

 

注意事項

・時計の状態やリペアショップの稼働率によっては、
4~5週間以上かかることもあります。
(依頼の約8%は、お預かりから2~3か月かかってます)

・お送りいただいた時計が偽物(スーパーコピー)と
当店が判断したものは、修理せずに時計をお返しします。

・カスタム文字盤の質が原因で修理できない場合は、
そのままご返却させていただくか、『文字盤交換サービス』として
依頼いただくかをご自身で選んでいただくことができます。
(依頼時は新しい文字盤を手配するお時間と差額分の費用は別途必要)。

・国際発送の損害補償限度額は200万円です(国内は500万まで)。
金額にかかわらず、損害時は調査で金額の根拠を求められる
場合がございます。時計の申告価格は、購入時のレシートを確認するか、
現状の相場なりの金額をご申告されるのが現実的です。