クラシック時計修理専門店

あいだ商会

店主紹介

母が弟の育児で忙しかったため、
時計修理店を営んでいた祖父の家に長らく預けられる
彼は何をしても怒らず全肯定してくれたので、
究極のおじいちゃん子になった

祖父の時計修理店、資金難で閉店
お客さんの時計をその場でタダで
直していたからだと思われる

学生の頃、祖父他界。
大きな喪失感を感じる

その後サラリーマンをして結婚したが、
妻の不倫が発覚して離婚
浮気相手の居所を突きとめて社会的に抹殺。
心労がたたって働けなくなり会社クビ

田舎暮らしで若くもないため
再就職できないまま、食うために商売する

客がデジカメやスマホに流れて
斜陽になってしまった日本製のカメラを
外人に売った

円安の流れに乗ってたくさん売れた
石の上にも3年というが、3年やって
商売の基礎も身についた

私には、資金さえあれば扱いたかったものがある

諏訪の時計技師に習って機械式時計を一から作る
祖父の墓前に作った時計を捧げ、
時計店復活を決意

時計技師の学校のパンフレットを取り寄せたころ
海外でリペアショップの社長と出会った

社長本人が職人上がりで、ロレックスに
狂気じみたパッションがあったので、
ビジネスパートナーとして契約して今に至る

契約後も定期的に来店してて、
商談したあとは、食事を共にしている
私がロレックスの裏事情に詳しいのは
彼にいろいろ教えてもらってるから。

ちなみに店名は祖父の名前

投稿日:

Copyright© あいだ商会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.